メルマガ登録してくださいね

「人に振り回される」のは自分のせいです

マスター認定コーチ あの原山

いつも「あの人に」ふりまわされて困っているというあなたへ
 
「人に振り回されてしまう」のは、どんなときでしょう。
 
自分の望む行動ができない
自分の言いたいことが言えない
自分の気持ちが表現できない
など、主体性があまりなく、相手の思うままという状況が多いかもしれませんね。
 
「いつもあの人の気ままな行動に振り回されて疲れちゃうわ」
「あの人はいつも決め時間に来ないから、スケジュールが立てられないわ」
「あの気分屋さんには、私の気分まで振り回されて、嫌になるわ」
というように、相手次第で自分の行動や気分が変わってしまいます。
 
もし、相手の言う通りに従ったほうがラク
または相手を頼っている、と考えている人ならば
「振り回される」という感覚にはならないはずです。
 
「振り回される」という感覚を持ってしまうと
そのことに対して嬉しいと感じる人はあまりいないでしょぅ。
 
嫌だな、苦痛だなと感じてしまうのではないでしょうか。
 
そう感じる原因は、相手から「~された」と捉えているからです。
 
そうではなく、自分が相手の意見を受け入れた
相手と一緒に行動した、と受け止めれば
「~された」という被害者意識は薄れるでしょう。
 
また、振り回されてしまって困るのであれば
振り回される行動をやめればいいわけです。
 
こうして簡単に書いてしまうと、「それができないから困るのよ」と言われそうですね。
 
では、「振り回されない」
または「振り回されたという気分にならない」ための方法を紹介します。

  • 振り回されそうな相手と一緒に行動するときは、前もって自分で行動計画を考えておく。
    そして振り回されそうになったときは、自分がやりたいこと、考えていることを伝えてみる。
  • 伝えたときに、それでも相手次第になりそうならば、自分で相手に合わせていくか、自分のやりたい行動を選択するかを決める。
  • 相手に合わせると決めたのであれば、「自分で選択した」という考え方にして
    気持ちよく相手と一緒に行動する。
  • 気分屋さんとつきあうときは、相手の感情の変化を察知したら、「自分はこう感じるわ」とか、「自分はこう思っている」と、相手を受け入れながら、自分の気持ちを伝える。
    伝えたら相手の反応を客観的に見ながらも、自分の感情を大事にして、振り回されないように常に冷静さを保つように心がける。
  • 相手次第で自分のスケジュールが振り回されそうなときは、自分のスケジュールを優先することにするか、最初から余裕を持ったスケジュールにしておく。
    また、そういう事態が起きることも予測し、気持ちの準備もしておく。

いかがですか。
少し相手との距離を置き、客観的につきあう、観察する余裕を持つようにすると
振り回されることはなくなるでしょう。
 
まずは、「振り回された」という思考を持たないことが大事です。
 
自分の行動には、相手ではなく自分で決めたという責任を持とう。

 

 

◆感想や気付きなど コメントくださいね◆