キャッシュが貯まると、ブラウザの調子が悪くなったりしますよね。
そのため、起動のたびにデータ消去される Ramdisk などに、Firefox のキャッシュの保存先を変更する方も多いと思います。
ここでは、Firefox のキャッシュの保存先を変更する手順をご紹介します。

※初期設定でのキャッシュの保存先は、下記事の「Firefox のキャッシュフォルダの場所」で説明しているので参考にしてください。

Firefox のキャッシュの保存先を変更する方法

  1. アドレスバーに about:config と入力し、「Enter キー」を押します。
    firefox,キャッシュ,変更
  2. 「細心の注意を払って使用する」をクリックします。
    firefox,キャッシュ,変更
  3. 表示された画面の任意の場所で、右クリックして、「新規作成」→「文字列」を選択します。
    firefox,キャッシュ,変更
  4. 表示されたウィンドウに、browser.cache.disk.parent_directory と入力し、「OK」をクリックします。
    firefox,キャッシュ,変更
  5. 次のウィンドウで、キャッシュを保存したい変更先のパス(Ramdiskの場所など)を入力して、「OK」をクリックすると
    firefox,キャッシュ,変更
    設定画面に browser.cache.disk.parent_directory が追加され、「値」の部分に変更先が設定されます。
    firefox,キャッシュ,変更
  6. そして、Firefoxを再起動します。
    これで、キャッシュの保存先が変更できました。

  7. ちゃんと変更できているか確認するには、Firefox のアドレスバーに about:cache  と入力し、「Enter キー」を押して
    firefox,キャッシュ,変更
    表示されたページの「Disk cache device」の「Cache Directory」にキャッシュの保存先が表示されているので、変更先のパスが表示されているか確認します。
    firefox,キャッシュ,変更
    もしくは、直接変更先のフォルダに行って、「Cache フォルダ」が追加されていれば、保存先が変更できています。
    firefox,キャッシュ,変更