着れる服から着たい服へ【潜在意識ダイエット】

お客様がいなくなる原因は3つ

あけましておめでとうございます

今年も女性の方々、よろしくお願いいたします
男性の方々、そこそこよろしく
 
ところで、あなたは年賀状出しましたか?
多くの方が出していないようですが
多くの方が出さない、だから私も出さない
それとも
出さない理由がちゃんとあるから出さない
 
この2つの違いは大きいですよ
他人に流されたのか、自分で決めたのか
 
ちなみに、私は毎年出しています
なぜなら
多くの方が出さないんだから、私の年賀状が届くと記憶に残るから
 
それは
出さない人であっても、1月1日には気になってポストを見るのです
自分は出さないくせに、自分あての年賀状は気になっちゃうのです
 
そこに、あの原山からの年賀状があると絶対記憶に残りますよね
数枚しか届かない年賀状の中に、あの原山からの年賀状があるのですから
 
今年は、630枚送りました
 
届いてないという人は、住所を知らないから送れないだけ
名刺交換しても、いちいち名刺から住所録を作るほど暇じゃないしね
 
 
私は年賀状を重要視しています
とてもとても重要視しています
 
63円でつながる1年だから

お客様がいなくなる原因

お客様がいなくなる原因は3つあります

①引っ越しなどで来れなくなる
②生活レベルが変わり他へ行く
③自然消滅

①の「引っ越しなどで来れなくなる」とは、そのままでしょうが、引っ越しをしてしまい、足が遠のいてしまう、行けなくなる、のようなことです。
だいたいこれが10パーセント程度
 
②の「生活レベルが変わり他へ行く」とは、来られていたお客様が事情により生活レベルが下がってしまい、金銭的な事情で来れなくなる。
または、生活レベルが上がり、安い所には行きたくなくなる、レベルの低い人とは縁を切る、というこです。
だいたいこれも10パーセント程度
 
残りの80%は、③の「自然消滅」
ただし、自然消滅といっても、自然消滅だと思っているのは、お客様のほうではありません。売り手側がそう思っているだけです。
 
どういうことか?
売り手側が「最近あの人来ないな」と思っているだけで、なにも行動せず、「他に行ったのかな」「離れていった」と思っているのです。
 
でもそれは大きな間違い
お客様のほうが「最近相手にしてくれないな」「他のお客様のほうばかり見ているな」「私のことを見てくれてない」「なんかさみしい」と思い、いなくなったのです。
 
お客様がいなくなる原因の80%が、売り手側に問題があるからです。

 

お客様は戻ってくる

売り手側が何もしない限り、お客様は離れていきます。
 
先日東京で少しだけ登壇する機会があり、そこで「アフターコロナはどうすべきか?」の質問に対し私が答えたのは
 

そもそもコロナの間に何をしましたか?
お客様がお店に来ている時には「目配り」「気配り」をしていましたよね。
では、お客様が来なくなったいま、みなさんは「心配り」をされましたか?
お客様が不安になっている中、あなたは「心を配りましたか?」
「目配り」「気配り」は、お客様が目の前にいないとできない、でも「心配り」は、お客様が目の前にいなくても、いくらでもできるのです。

 
上で説明したように、お客様のほうが「相手にされてない」と思ったから、来なくなるのです。
 
コロナの間、お客様に「元気にしてますか?」の一言でも、メールでも電話でもしましたか?
そういう心を配ったところが、コロナが来ようが何が来ようが、生き残るのです。
 
そういう意味でも、たった1枚の年賀状が、つなぎとめることができるのです。
 
なぜなら
お客様が「相手にされてない」と思い、1度離れてしまっても、お店側から再び、何らかのアクションがあると、その7割のお客様が戻ってくるのです
 
お店側が勝手に「自然消滅」と思っているだけなのです。

 

新規の客より来なくなったお客様のほうを見る

お店側が勝手に「自然消滅」と思い、お客さんが来ないな~と言って、新たに新規の客の募集にかける費用って馬鹿にはなりません。
 
新規の客を集めるために、常にいらないお金ばかり出している人も多い。
 
でも、今まで来てくれていたお客さまなら、メール1通、手紙1通ですむのですよ。
 
新規の客と来なくなったお客さん、どちらにアクションを起こしたほうが、費用が掛からないか考えたらわかりますよね。
 
これらはすべて、マーケティングの基礎です。
 
あなたも、あらたなお店を探すよりも、これまで行っていたお店から声がかかると、もう一度行こうかなって思いますよね。
 
もう一度「行きたい」と思ってもらうことです。
 
1通63円の「年賀状」が、どれだけ重要なのか、おわかりいただけましたでしょうか?
 
メール・LINEで「おめでとう」と、送られてくるのと
年賀状で「おめでとう」と、送られてくるのと
あなたなら、どちらのお店が選ばれると思いますか?

 



投げ銭して頂いた方には【1ポイント】進呈します

30ポイントたまりますとあの原山から素敵なプレゼントを贈らせて頂きます



LINEかメルマガの受け取りやすいほうで登録して下さい