コーチング,コーチング 本, コーチング 本 おすすめ, コーチング 書籍,リーダーシップ,マネジメント,チーム,上司,部下,あの原山,原山友弘

今日のひとこと

vol.512│「切羽つまらないとやらない人」=「夢や願望が叶わない人」

今日のひとこと vol.512 

締め切り前に焦るのはみんな同じ
違いを出したければ
締め切り前に焦らなくていいような計画を立てよう

ビジネスにおいても日常においても「締め切り」や「開催日」などの
「期限」が決められているものに対して
 
その「期限」が、近づかないと、なかなか動かない。
その「期限」が、近づき「もうやばいかも」とおもっても動かない。
 
「間に合わないかも」となって、やっと少し動きはじめる。
 
少し動きはじめたとしても「なんか机の上が気になる」といって
時間に関係なく、机の上をいつも以上に掃除をする。
 
そんな経験ないですか?
 
もしおありなら、それは過去に、同じような案件で
「2日で仕上げることができた」という記憶があるから
ぎりぎりそこまでは何とかなる。と頭がなっているのです。
 
頭が2日で仕上げることができた。と思っているから
3日前からやろうとしても、体が動かないのです。
だから「机の上の掃除」で、体を動かすのです。
 
 
ただよく考えていただきたいのは
「2日で仕上げることができた」という過去の経験
 
多分その2日間は
ほかのものには目も行かず真剣に取り組んだと思います。
 
それは、その2日間「本気」になったのです。
 
人は、切羽詰まらないと「本気」になかなかなれないもので
普段の日常は「時間がない」と言いながらも「本気」ではないのです
 
その2日間の「本気」を、365日持続させれば
あっとゆうまに「夢や願望」なんてかなうのですけどね
 
 
期限が近づかないとなかなか動かない
普段は「本気」ではない
 
ということは「夢や願望」が叶わないのは
「夢や願望」を叶えたいと思っている期限までには
まだまだ時間があるということですね。
 
もしくは、そもそも「夢や願望」に期限をつけずに
「いつか」叶えばいいかなって思っているだけなんでしょうね。
 
 
期限に近づかないと動かない。
経験として、頭の中にあるのですよね。わかってますよね。
 
その経験から 
「夢や願望」を叶えるまでには、まだ時間がある。
そもそも「夢や願望」を叶える期限を決めていないとなると
 
一生「夢や願望」を叶えることはできないですよね。
 
 
例えば、マラソン。 
42.195キロ先にはゴールはある。ゴールをすることが願望。
 
時間に関係なく、42.195キロ先にあるゴールにたどり着けばいい。
そういう人が「期限を決めていない人」
 
42.195キロ先にあるゴールに、3時間半でゴールをする。
そういう人が「期限を決めている人」
 
ただ、3時間半でゴールをすると期限を決めていたとしても
10キロ付近までには、どれぐらいのタイムで
20キロ付近までには、どれぐらいのタイムで
30キロ付近までには、どれぐらいのタイムでという
「目標」となるタイムまでは、決めていない。
 
途中経過の「目標タイム」という「期限」を決めていないから
ただ何となく「3時間半」といっただけで
途中で、通過タイムオーバーで棄権となり、ゴールをあきらめる。
 
 
最近はマラソンに出る人も多いが
何となく目標を決めてゴールを目指している人も多く 
みんなもそんな感じで走ってるんじゃないの。ぐらいに思ってる。
 
でも「本気」で走っている人は
10キロ、20キロ、30キロの各目標タイムがあるのが当然で
1キロ単位で、ペースを見ながら、上げたり下げたり
細かな目標タイムがあるのです。
 
 
それは、1年後「夢や願望」が叶えばいいよね。とか
そのうち「夢や願望」が叶えばいいよね。と思っている人と 
365日、1日1日どこまで進めるか決めている人とは違う。
 
365日、1日1日に対して「目標」という「期限」がある
毎日「期限」があるということです。
 
毎日「期限」があるから「本気」になれるのです。
 
 
毎日の計画とどこまで進むという目標がない、ということは 
「本気」で「夢や願望」を叶えたいとは思っていない
という、なによりの「証拠」
 
そして「切羽詰まらないと動かない」ということは
「本気」で「夢や願望」を叶えたいとは思っていない
という、なによりの「証拠」
 
同じことなのです。
 
 
今日1日で、「夢や願望」を叶えるために 
何を、どこまで、やりますか。
 
 
 
本日は久しぶりのセミナー
マーケティングとライティングのことを5時間お話しします。
全国からお越しいただくのですが
 
セミナーに参加するときも
夢や願望を叶えるために、何を知りたくて、どこまで知りたいのか
「目的意識」がなければ、ただの長いセミナーでしかありません。
「目的意識」を持ってご参加ください。
 

いつもお読みいただきありがとうございます
いいね!コメント!シェア!ありがとうございます

 

 

メンター・コンサルタント│あの原山│原山友弘 メンター・コンサルタント│あの原山│原山友弘
誰かと同じ行動ではなくあなたに必要な行動。DMMオンラインサロン「あの原山塾」必死に集める集客から自然と集まってくる集客へ│指名買い│

 

◆感想や気付きなど コメントくださいね◆

関連記事

  1. コーチ カバン・あの原山・世界一のマーケッター・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.437│時間がないのは「決断」していないから

    今日のひとこと vol.437 何かを始めるときに 決断し…

  2. マーケター・有名人・あの原山・日本一のマーケッター・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.477│嫌いな人に感謝しないと、家の電気はつかない。

    今日のひとこと vol.477 大事なものは 失って初めて…

  3. 集まる集客・LINE集客・WEB集客・あの原山・マスター認定コーチ・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.433│相手から心を開いてくることはない

    今日のひとこと vol.433 人と心を触れ合うためには …

  4. カウンセリング・コーチング・ヒーラー・あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.432│情熱がある人ほど陥りやすい失敗

    今日のひとこと vol.432 一つの方法にこだわってしまうと…

  5. コンサルタント・資格・あの原山・あつまる集客・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.452│時間は限られてます。効率よく動いてますか。

    今日のひとこと vol.452 どんなに忙しくても ほんの…

  6. 経営コンサルタント,職種図鑑,事典,職業,職種,平均年収,仕事内容,転職,就職,求人,中途,情報,キャリアアップ,あの原山,原山友弘,マーケッター

    今日のひとこと

    vol.522│「引き寄せ」の正体は「赤いネクタイ」なのです。

    今日のひとこと vol.522 チャンスは準備ができているとこ…

あの原山・ダイレクトレスポンスマーケティング
あの原山・ジェイエイブラハム
あの原山・マーケティング
あの原山・アップセル・クロスセル
あの原山・ベネフィット・ターゲット

あの原山

誰かと同じ行動でなくあなたに必要な行動へ

 

 

指名買いプロデューサー
マスター認定コーチ
日本アイデアブレイン協会 代表理事

 

最近の投稿

  1. コンサルタント・資格・あの原山・あつまる集客・原山友弘
  2. 高松 コーチング 研修 スキル
  3. システムインテグレーション,コンサルティング,シンクタンク,総合情報サービス,あの原山,原山友弘,集客,資格,松下幸之助,SEO対策,指名買い
  4. カウンセリング・コーチング・ヒーラー・あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘
  5. キャッチコピー あの原山 原山友弘
  6. マスター認定コーチ あの原山
  7. コーチング・やり方・あの原山・ジェイエイブラハム・原山友弘
  8. プル戦略家・経営コンサルタント・神戸・あの原山・SEO対策・原山友弘
  9. カウンセリング・コーチング・ヒーラー・あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘
  10. プル戦略家・経営コンサルタント・神戸・あの原山・SEO対策・原山友弘

ブログ更新のお知らせ

メールアドレスを記入して頂ければ
記事更新のお知らせをメールいたします

  1. マスター認定コーチ あの原山

    気持ちが楽になる

    「いつもいい人」なんて無理なことです
  2. 集客方法,リアル,ネット,反応率,解説,折込チラシ,新聞,購読者,リーチ精度,ポスティング,低コスト,SEO,あの原山,原山友弘,資格,SEO対策

    今日のひとこと

    vol.518│参加者が1人でも、1人を幸せにできる。集客失敗ではない。
  3. イチロー・ジェイエイブラハム・あの原山・本田宗一郎・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.425│自転車をこぎ始めようとする時が一番パワーを使います
  4. マーケッター・有名・日本・あの原山・プル戦略家・原山友弘

    バックナンバー

    今日のひとこと vol.82~vol.109〔2017年2月〕
  5. 岡山 コーチング 資格 セミナー

    あなたのなりたいを叶える質問

    失敗を活かすことこそが成功への道│vol.74
PAGE TOP