ビジネスの成功,マーケティング戦略,関連性,リソース,ベンチャー企業,中小企業,社内,あの原山,原山友弘,マスター認定コーチ,指名買い,戦略

今日のひとこと

vol.536│誰に与えたかも忘れるぐらい与えまくれ。

今日のひとこと vol.536 

人に与えたものは必ず返って来る
幸せになりたいなら
周りの人たちに幸せを与え続けよう

「先に与える」しかも「与えて」「与えて」「与えまくる」
 
うまくいっている人や成功されている方が、必ず言っていますよね。
 
でも
「与えたけど何も返ってこない」と思っている人もいるかもしれない。
 
それは
「与え方」が、まだまだ足りないだけ。
 
1つ与えて、1つ思惑のものが返ってくるとでも思っていたら大きな間違い。
まあ100ほど与えて返ってくるのは1か2ぐらいで
 
しかも返ってくるものは、形が変わっている場合もありますし
直接本人からじゃない場合も多いです。
 
100ほど与えて1か2ぐらいしか返ってこないんだから
1つ与えて、1つ思惑のものが返ってくるなんてありえません。
 
常に与えまくって、忘れるぐらい与えまくっていれば
忘れたころに、誰かから返ってくるのです。
 
 
また
「私は何も与えるものがない」と思っている人がいるかもしれない。
 
それは
目に見える「モノ」を与えないといけないわけではない。
 
例えば
「先に笑顔」を与えることもできる。
友達のイベントを手伝ってあげることもできる
 
与えるものなんてなんでもいいのです。
 
 
例えば
私は、LINE@を毎日配信している。
何なら、LINEに毎月お金を払って、みなさんに配信している。
 
LINE@をやられている多くの方は
自分のイベントや商品を買ってもらうことが目的でLINE@をやっている。
 
しかし、私はほぼ、イベントの案内はしない。
なぜなら、私のイベントやセミナーに来てもらうために配信していない。
みなさんのモチベーションが上がったり、1歩でも前に行こうと思ったり
1段でも上に行こうという気持ちになって頂ければ、それでいい。
 
それも私にとっては1つの「与え」なのです。
 
 
Facebookでも少し前に書きましたが
私がLINE@をやり始めた時には400名ぐらいでした
私だから簡単に集まってくると思っている方も多いでしょうが
そうではない
 
少しずつ少しずつ増えていき、もうすぐ1900人。 
その増えているほとんどが「口コミ」です。
 
毎日毎日、数百人に配信し、その中の何人かが
「あの原山さんのLINE@はためになるよ」と、紹介くださっているからです。
 
 
もうすぐ1900人ですが
1900人全員が、私のLINE@を紹介してくれているわけではないです。
1つ与えて、1つが返ってくるなんてありえませんから。
 
1900人の内の、1人か2人です。
 
残りの方は「与えてもらっている」となんて思ってもなく
毎日勝手に送り付けられてくる。とでも思っているのかな。。。
 
 
1900人の内の、1人か2人の方が、その方の友達に対して
「あの原山さんのLINE@はためになるよ」と紹介をする。
 
私に対して、友達に紹介をする。という、素晴らし「返し」をしていただけ
さらに、その方の友達に対して「与え」をしている。ということです。
 
 
「シェア」とか「紹介」は
これは友達に教えてあげよう、という情報の「与え」ですからね。
 
普段から、友達の「シェア」とか「紹介」という「与え」をしていない人は
自分が「シェア」とか「紹介」をしてほしい、と思った時
誰も「シェア」も「紹介」もしてくれない。
 
先に与えることをしていないのだから、誰も返してくれない。
当たり前、ですよね。
 
逆に
「シェア」とか「紹介」という「与え」をしてくれている人には
「返したい」と思いますよね。
 
 
私も、「紹介」してくれた方は、忘れてはいませんから。
その方々には、何かの時には返すようにしています。
 
 
与えてもらったから返すのではなく
与える人を選り好みするのでもなく
 
先に、与えて与えて与えて
誰に与えたかも忘れるぐらい与えていれば
そのうち忘れたころに、少しずつ返ってくるものです。
 

いつもお読みいただきありがとうございます
いいね!コメント!シェア!ありがとうございます

 

 

メンター・コンサルタント│あの原山│原山友弘 メンター・コンサルタント│あの原山│原山友弘
誰かと同じ行動ではなくあなたに必要な行動。DMMオンラインサロン「あの原山塾」必死に集める集客から自然と集まってくる集客へ│指名買い│

 

◆感想や気付きなど コメントくださいね◆

ピックアップ記事

  1. 居心地の悪い飲み会!!
  2. Personal Session のご案内
  3. あの原山の予定一覧
  4. どんどん幸せになっていくLINE@
  5. LINE配信「今日の質問」(なりたいを叶える質問)

関連記事

  1. コーチング,コーチング 本, コーチング 本 おすすめ, コーチング 書籍,リーダーシップ,マネジメント,チーム,上司,部下,あの原山,原山友弘

    今日のひとこと

    vol.512│「切羽つまらないとやらない人」=「夢や願望が叶わない人」

    今日のひとこと vol.512 締め切り前に焦るのはみんな同じ…

  2. あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘・指名買いプロデューサー・マスター認定コーチ・プル戦略家

    今日のひとこと

    vol.473│夢を叶える唯一の方法「自分で行動する」

    今日のひとこと vol.473 どんなに大きな夢であって …

  3. プル戦略家・経営コンサルタント・神戸・あの原山・SEO対策・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.428│人はあなたの行動を見て自分の行動を決めている

    今日のひとこと vol.428 周りの人に やってもらいたいこ…

  4. コンサルティング,コンサルタント,コンサル,キャリア,スキル,英語,仕事,転職,あの原山,原山友弘,カウンセリング,集まる集客,集客,指名買い

    今日のひとこと

    vol.495│人から見て誰にでもわかるような目標でないと続かない

    今日のひとこと vol.495 自己満足はゴールではなく通過点…

  5. マーケッター・有名・日本・あの原山・プル戦略家・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.434│やってもないくせに、なにがわかる

    今日のひとこと vol.434 できないことは、やっていないこ…

  6. プル戦略家・経営コンサルタント・神戸・あの原山・SEO対策・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.442│「思う」だけでは、夢は叶わない

    今日のひとこと vol.442 できると思ってやっていても…

あの原山・ダイレクトレスポンスマーケティング
あの原山・ジェイエイブラハム
あの原山・ベネフィット・ターゲット
あの原山・ジェイエイブラハム

あの原山

誰かと同じ行動でなくあなたに必要な行動へ

 

 

恋人目線マーケター
マスター認定コーチ
日本アイデアブレイン協会 代表理事

注目記事

  1. あの原山 LINE公式アカウント
  2. 尖る一方美人 あの原山
  3. パーソナルコンサルティング・パーソナルセッション・パーソナルブランディング
  4. 運気が上がるLINE@

最近の投稿

  1. あの原山 日本一のコンサルタント 原山友弘
  2. あの原山 日本一のマーケッター 原山友弘
  3. プル戦略家・経営コンサルタント・神戸・あの原山・SEO対策・原山友弘
  4. コーチ カバン・あの原山・世界一のマーケッター・原山友弘
  5. マーケッター・有名・日本・あの原山・プル戦略家・原山友弘
  6. 集まる集客・LINE集客・WEB集客・あの原山・マスター認定コーチ・原山友弘
  7. マーケティング戦略,マーケティングせんりゃく,とは,意味,用語,解説,wiki,ビジネスモデ,あの原山,原山友弘,ジェイエイブラハム,指名買い
  8. あの原山 日本一のコンサルタント 原山友弘
  9. 経営コンサルタント,経営士,経営コンサルタントになるには,コンサルタントバンク,あの原山,指名買いプロデューサー,原山友弘,プル戦略家
  10. あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘・指名買いプロデューサー・マスター認定コーチ・プル戦略家
  1. マーケター・有名人・あの原山・日本一のマーケッター・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.421│「思っている」だけでは成功しない
  2. マーケッター・有名・日本・あの原山・プル戦略家・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.471│失敗する人は、すべてを失敗につなげて考える。
  3. あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘・指名買いプロデューサー・マスター認定コーチ・プル戦略家

    今日のひとこと

    vol.444│できないのは、やらないから。
  4. カウンセリング・コーチング・ヒーラー・あの原山・指名買いプロデューサー・原山友弘

    今日のひとこと

    vol.418│失敗はチャレンジした証。失敗は成長した証。
  5. マーケティング,まーけてぃんぐ,とは,意味,用語,解説,wiki,マーケティング用語,マンガ,あの原山,原山友弘,ジェイエイブラハム,指名買い,戦略

    今日のひとこと

    vol.502│あなたのビジネスは経済効果をもたらしていますか
PAGE TOP